この記事には[PR]プロモーションが含まれております。

ヴァイオリンの先生のストーリー、映画「La Mélodie」



13区にある、mk2という映画館に映画を観にいきました。
 
 

中はこんな感じ。
手前にチケット販売機があって、奥にはポップコーンなどを売っているお店があります。
 
 

この販売機でチケットを買います。
 
 

わたしは学校に通っているので学生券で7.9ユーロ
入口で確認されることもあるので、学生証をもっていないといけません。
 
 
 

今回観たのはこの『LA MÉLODIE』
 
 
13時40分から始まるやつを見にいったのですが、遅刻してしまいダッシュ。
 
結局着いたのは開始時間から15分後でした。
 
 

急いで扉を開けると、、
 
 

あれ??
 
何も流れていない。
 
宣伝すら流れていません。
しかも、お客さんは1人だけ!!
 
 
これ、本当に始まるのか??
と心配になりましたが、10分くらいたってやっと始まりました。
 
 
これがフランスです。
時間なんてあってないようなもの笑
 
 
 
LA MÉLODIEの話は、ヴァイオリン奏者が小学校でヴァイオリンの先生となり、初めてヴァイオリンを手にし、なかなか言うことを聞かない子供たちを教えていくというもの。
 
前に子供にクラリネットを教えたことがあるわたしにとっては、共感できる部分もあったり。
 
 
映画の中では、素敵な音楽をたくさん聞けました。
ちゃんと全部見れて良かったあ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次