Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『フランスの日本大使館でパスポート更新!』

わたしのパスポートの期限があと1ヶ月に迫ったので、パリにある日本大使館でパスポートの更新をしてきました!

 

 

 

目次

■日本大使館の場所は?

■パスポート更新に必要なもの

■手数料

■いざ、日本大使館へ

■出来上がったパスポートの受け取り

 

 

 

日本大使館の場所は?



 
日本大使館はパリ8区、凱旋門から歩いて10分ほどのところにあります。

 

 

 

 

パスポート更新に必要なもの

・更新前のパスポート

・滞在許可証

・写真1枚

・手数料

・(パスポートの期限が切れている場合は)6ヶ月以内に発行の戸籍謄本(抄本)
 

 
 
 

手数料

5年パスポート→84ユーロ

10年パスポート→122ユーロ

(2019年現在)

 

 

 

 

いざ、日本大使館へ



パリにある日本大使館はこんな感じです。

 

 

入り口にはガードマンがいるので、機械で荷物チェックをしてもらって、受付へ。

 

受付の人に何の用で来たのかを聞かれるので、パスポートの更新にきたことを伝えると、身分証の確認をしてから窓口の番号を教えてくれます。

 

もちろん全部日本語です

 

 

 

窓口では特に並ぶこともなく、パスポートを渡し本人確認が終わったら、一般旅券発給申請書をもらって記入します。

 

 

書けたらそれを窓口の人に渡して完了!

 

新しいパスポートは1週間ほどで出来上がるので、出来上がる日にちを教えてもらって、その日以降に手数料を持って受け取りにいきます。

 

 

 

 

出来上がったパスポートの受け取り

いよいよ、新しいパスポートを受け取ります!

 

 

また日本大使館へ行き、前回と同じ窓口へ。

本人確認をしたら、手数料を支払います。

 

手数料の支払いは現金のみなので注意です。

 

 

手数料を払ったら、古いパスポートのを返却してもらい、新しいパスポートを受け取ります。

 

 

 

古いパスポートはこんな風に真ん中に穴が開けられ、もう使えないようになっています。

使えないけど、一応古いのも返してくれるんですね。

 

 

 

そして、新しいパスポートはこちら!

ピカピカ☆
 
今回は10年分なので赤色です。

 

 

 

 

まとめ

フランスでのパスポートの更新は意外と簡単で、すぐにできました。

日本大使館は日本人ばかりなので、さすがみんな仕事が早いし、ちゃんとしてる笑

 

これならフランスでパスポートの期限が切れそうになっても、安心して更新することができますね!
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。