Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『6月21日は「音楽の日(Fête de la musique)」』

フランスでは、6月21日は「音楽の日」!!
フランス語ではFête de la musique(フェット・ド・ラ・ミュージック)といいます。
 
 
街中で音楽が鳴り響くこの「音楽の日」について書いてみました。

 

 

 

目次

■どうして「音楽の日」ができたの?

■この日はどんなことをするの?

■実際の様子

 

 

 

 

どうして「音楽の日」ができたの?

フランス文化省であったモーリス・フルーレ音楽舞踊局長は、フランスの楽器演奏者の半分が若者であることに気づき、それに基づいて文化大臣が「音楽の日」というのをつくることにしました。

 

そして、初めて開催されたのが1982年6月21日。

 
 
 

どうして6月21日なのかというと、この日は夏至なので1年のうちで1番夜が短い

お祭りを朝まで楽しむのに最適な日だったのです♪

 

 

 

 

この日はどんなことをするの?

プロでもアマチュアでも、やりたいしたい人は誰でも演奏することができます。

 

 

場所は、通りや公園だったり、美術館の中庭や観光名所の前だったりと野外がメイン

 

いつもはコンサート会場でかしこまって聴いていますが、この日だけは外でのびのびとコンサートを聴くことができるのです。

 

 

そして、どのコンサートも無料 というのもまた嬉しいですよね。

 

 

 

 

実際の様子

そんな「音楽の日」の実際の様子をご紹介します。

 

大抵のコンサートは18時〜23時ごろに行われますが、その後も夜中まで演奏することができます。

 
 

 

わたしは残念ながら今年はバイトが入っていて、コンサートに行くことはできませんでしたが、家へ帰る0時ごろにもまだあちらこちらで演奏が続けられていました。

 

 

こちらはおじさんバンド。

通りのちょっとしたスペースに、自分たちでステージを組み立てて演奏していました。

 

 
 

カフェの前ということもあり、カフェで飲みながら聴く人もいたし、
 
 
 

目の前でノリノリで聴く人など自由な感じでした。

 
 
 

 

そしてこちらは、うちの隣のバーの前。

 

サックスやクラリネット、トロンボーンに、どっから持ってきたのかわからないけどスーザフォンまである!

 

若者がバーで飲みながら、楽しく演奏していました。

 

 

 

 

まとめ

みんなが音楽を自由に楽しむことができる「音楽の日」は、とっても大事な日です。

 

今では世界の100カ国以上で開催されているそうなので、いつか日本でも開催される日が来ると良いですよね^ ^
 
 

 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。