Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

もしかして損してるかも!?意外と大事なクラリネットの指の位置

クラリネットを吹くとき、クラリネットのトーンホール(穴)を指でふさいだり離したりすると思います。
 
そんなときに大切になってくるのが、指の位置!!
 
 
どうしても指でふさぐことばかりに気がいってしまい、特に穴をふさいでいない時の指の位置が良くないという方が多いんです!

指が速く動かなくて悩んでいた方も、これを知れば今までよりも素早く指を動かせるかと思います。
 
 
ということで今回は、「指の位置」について書いていきます♪
 
 

まずは自分の指の動きを確認しよう!


普段クラリネットを吹いていると、楽譜を読んだり、良い音を出そうとしたりと、色んなことに意識がいっているので、なかなか自分の指の動きを確認する余裕はないという方が多いのではないでしょうか?
 
 

なので、まずは自分の指が普段どんな風に動いているのかを自分で確認するために、鏡を用意します。
大きな鏡があればその前に立ち、手鏡なら譜面台などに置き、自分の指が見える位置に置きます。
 
置いたら、鏡を見ながらいつも吹いている曲を吹いてみましょう
 
 
いかがでしょうか?
思っていた通りに指は動いていましたか?
 

↓↓こうなっていたら要注意で、

指が穴から離れすぎていてバタバタしている
指が反り返っている
キイの上に待機していない指がある
ふさぐときに力が入りすぎて爪が白くなっている

 
 
 

指がバタバタ動く

初心者に一番多いのが、指を動かすときに高く上げ過ぎてしまい、指が穴から離れてバタバタ動かしているパターン。
 
穴をふさがなきゃ!開けなきゃ!というのを意識しすぎて、指の動きにムダが出てきてしまいます。
 

指を穴から大きく離すのはNG
 
 

指は音程が変わらない程度に、少しだけ上げれば十分です♪
 

yukiha
わたしもフランスで先生に、「君の指は上がりすぎているから、この先ものすごく速い曲に出会ったときに、それでは吹けなくなってしまうよ!」と言われたのを覚えています。指の動きを最小限にすることは、とても大切なことなんですね!

 
速いパッセージを吹くときは、素早く指を動かして音を変えないといけないので、バタバタ動かしている時間はない!
 
せっかくできるはずのパッセージも、そのせいで吹けなかったり、指がもつれてしまったりするのはもったいないので、なるべく穴の近くで指を動かすことを意識しましょう!
 
 
 

指が反り返っている

時々見かけるのが、指を上げたときに指が反り返ってしまっているパターン。
 

指の形によっては、どうしてもそうなりやすい方もいるかもしれませんが、反り返ってしまうと、指が自由に動いてくれません。
 
 
理想の指の形は、卵を持つときの手
 

yukiha
実際に持ってみるとイメージしやすいと思います♪

 
 

丸い卵を優しく持つときのように、力を抜いて、手の真ん中に空間ができるようにします。
 
 
クラリネットを持っても、難しいパッセージが出てきても、常にそれを意識できると、できることがさらに増えてくるかと思います!
 
 
 

キイの上に待機していない指がある

初心者の方に多いのが、キイの上に待機していない指があるパターン。
 

キイを押さえていないときに、キイの下に指を待機させている。
 
 

キイからだいぶ離れたところに指がある。
 
 
ものすごくゆっくりな曲を演奏する時はそれでも間に合うのかもしれませんが、それでクセがついてしまうと、速いテンポの曲になったときに演奏できなくなってしまいます。
 
 
指は常にキイの上で待機しているのがベスト☆
 
最初は慣れないかもしれませんが、ちゃんとした指の位置を自分の指に覚えさせることはとても大切なことなんです。
 
 
 

ふさぐときに力が入りすぎて爪が白くなっている

クラリネットを吹くときは、できるだけリラックスすることが上達への近道です。
 
指をふさぐときも、力を入れていては良い音が鳴らないし、指の動きも自由になりません。
 
 

写真では見にくいかと思いますが、穴をふさいだときに、自分の爪の中が白くなっていたり、第一関節が反り返っているのは力の入れすぎです。
 
 

穴ををふさぐときは、優しく置くようなイメージ♪
 
吹いた後に自分の指の腹を見てみて、穴の形の跡がついていなければOK!
もし指に穴の跡がくっきりついてしまっていたら、一度楽器を置いて指をぶらぶらとリラックスさせてから楽器を吹くようにしてみてください!
 
 
 

まとめ

指の動きは、ちょっとしたことでも演奏に影響してきます。
意外とこれが大切なことなんですね。
 
思い通りの良い演奏をするために、一度自分の指の動きを見直してみてはいかがでしょう?
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら