Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

ハンブルクでブラームスめぐり


(写真:Wikipediaより)
ドイツのハンブルクで生まれた大作曲家、ヨハネス・ブラームス
ハンブルクの町は彼のことをとても大事にしています。
  
そんなハンブルクに行って、ブラームスに関するものを見て周ってきたので、ご紹介したいと思います!
  
  

ブラームス広場(Johannes-Brahms-Platz)

IMG_0501.jpg
まずはブラームス広場へ。
  
ブラームス広場がブラームスにゆかりのある場所というわけではありませんが、ここではハンブルクという街がブラームスをとても大切にしているんだということがわかります!

  
  

この豪華な建物、ライスハレ(Laeiszhalle)の前にあるのがブラームス広場です。
ライスハレは、かつては北ドイツ放送交響楽団、現在はハンブルク交響楽団の本拠地となっているコンサートホールです。
  
  
IMG_0494.jpg
ブラームス広場にドンッと建てられているのがこの変わった形のモニュメント。
1981年にマリア・ピルヴィッツが作った、『ブラームスへのオマージュ』です。
  
この形がどんな意味を表しているんだろう、、
天才の考えることは、なかなか理解に苦しみますね。
  
  
IMG_0503.jpg
そして、ライスハレに向かって右側にあるのが『ブラームス・キューブ』!
  
ここには若いころのから、だんだん年をとっていくブラームスの顔が描かれているんです。
  
  
IMG_0505.jpg
  
IMG_0507.jpg
  
IMG_0509.jpg
  
IMG_0510.jpg
若いころから才能を現し、63歳で亡くなるまでたくさんの素敵な曲を作曲した、彼の時間の流れが描かれています。
  
  
ブラームス広場
住所→ Johannes-Brahms-Platz, 20355 Hamburg, Germany

 
  
  
  

聖ミヒャエル教会

さあ次は、ハンブルクのシンボル的存在である聖ミヒャエル教会へ。
 
大天使ミカエルに捧げられたバロック様式の教会で、ブラームスはここで洗礼を受けたそうです。
  

とても高い!
 
この教会は、17世紀に建てられ、かつては航海を終えて戻ってきた船乗りたちの目印でもありました。
  
落雷や火災で2度も全焼したり、第二次世界大戦でも大きな被害を受けたにも関わらず、何度も復活し、現在もこうやって人々に親しまれています。
  
  
IMG_0595.jpg
中に入ると、白い壁に金色の装飾という素敵な内装☆
  
  

86の音管と6674本のパイプから成る教会の中で最大のパイプオルガンの他、教会内にはオルガンが5台も設置されていて、コンサートも行われています♪
  
聖ミヒャエル教会(Hauptkirche)
住所→Englische Planke 1a, 20459 Hamburg, Germany

  
  
  

ブラームス生家跡

そして最後は、ブラームスが生まれたお家のあった場所へ!
  
ブラームスの生家は1943年に空襲で焼失してしまい、今はもうありません。
  

生家の跡地には、ブラームスの顔付きの、こんな記念碑が建っていました。
  
  

横にはプレートが。
  
  

6階建てのこんなお家でした。
 
1833年5月7日にここで生まれたブラームス。
 
“家の表札には「Brahmst(ブラームスト)」と書かれていたという。しかし子供の頃から「ブラームス」と頭に刷り込まれていた彼は、最後の「t」が嫌で、表札をしょっちゅう指でこすり、しまいには消してしまった。” (Wikipediaより)
というエピソードも残されています。

  
  
  
ブラームス生家跡
場所→ Gaensemarkt駅から、Valentinskamp通り→Kaffamacherreiche通り→Speckstraße通り

  
  
  

まとめ

ハンブルクではいたるところでブラームスの名前や顔に出会います!
ちなみに、ブラームス博物館も訪れてきたので、そのお話は>>こちらから
どうぞ!
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら