Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『変わり者の天才フランス作曲家、サティが住んでいたアルクイユの家へ』

パリから南に2kmほど行った郊外にある、Arcueil(アルクイユ)という街。
この町にはかつて、フランスを代表する作曲家エリック・サティが住んでいて、今でもその証が残っています。
 
そんな、アルクイユのサティが住んでいた家を訪れてきました!
 
 
 
IMG_0242[1]
サティが住んでいた家に行くには、パリからRER B線に乗り、La Place駅で降ります。
 
この駅から歩いて10分ほどです。

 
 
 
IMG_0258[1]
アルクイユの住宅街はとっても静かで素敵なところ。
鳥の鳴き声もたくさん聞こえました。
 
サティが生きていた19世紀~20世紀前半ごろのアルクイユは工業地帯の一部で、工場労働者向けのアパートがたくさん建っている暗い町でしたが、今は静かでのどかな町になっています。
 
 
 
IMG_0266[1]
到着!!この真黄色の建物がサティが住んでいた家です。
 
 
 
IMG_0254[1]
入口にはサティが飾られているので、すぐにわかります♪

 
 
 
芸術家の集まるパリ、モンマルトルのキャバレー「黒猫」でピアノを弾いていたサティは、1898年の12月にアルクイユのこの家へ移りました。
 
彼はこの、労働者向けのアパートの一室に、32〜59歳の27年間住んでいました。
 
部屋は15平方目メートルしかなく、水も電気も通っていなかったんだそうです。
 
 
しかも、彼が働いていたパリのキャバレー「黒猫」までは歩いて2~3時間
それでも彼は生活のために歩き、ピアノを弾き続けていました。

 
 
 
IMG_0330[1]
家の上に飾られているプレートには、
 
4本の煙突の家 アルクイユは、サティのたくさんの作品を感動しながら思い出す
と書いてあります。
 
4本の煙突の家というのは、このアパートの屋上に4本の煙突が並んでいたので、ご近所さんたちからそう呼ばれていたんだそうです。

 
 
  
IMG_0261[1]
入口の近くにはこんなプレートが。

サティは人間に見せかけている、アルクイユの天使です
 
サティは今でもアルクイユの人たちから、とても大切にされているのですね!
 
 
 
IMG_0250[1]
横に書いてあったのは、
 
傘をエレベーターの中に忘れました…傘は僕のことを心配しているだろう エリック・サティ
 
サティは傘のコレクターでした。
 
彼が亡くなった後に家の中を整理すると、100本ほどの傘がでてきたんだそうです。
そのほとんどが未開封だったんだとか。
 
 
 
この時代に変わり者と呼ばれ、生まれるのが早すぎたとも言われる天才作曲家サティ。
 
彼の足跡をたどりながら、彼の音楽を少しでも理解できるようになれたら良いなと思います。

 
エリック・サティが住んでいた家(Ancien appartement d’Erik Satie)

 
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。