Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『ムードン音楽院レッスン日記~ウェーバー作曲の『クラリネット協奏曲第2番』』

今週から新学期が始まり、レッスンが始まりました。
  
IMG_0937[1]
新学期最初のレッスンでやった曲は、ウェーバー作曲の『クラリネット協奏曲第2番』
  
この曲はドイツの作曲家、カール・マリア・フォン・ウェーバーが書いたクラリネット協奏曲の2曲目です。
  
  
  
ウェーバーはクラリネットのための曲をいくつか書いているのですが、それは当時クラリネットの名手だったハインリヒ・ヨーゼフ・ベールマンと出会ったからなのです。
  
  
ベールマンのクラリネットの美しさに感動したウェーバーは、彼のために『クラリネット小協奏曲』をたった2週間で書き、ミュンヘンの宮廷管弦楽団とベールマンのソロで初演されました。
  
これを聴いたバイエルン国王マクシミリアン1世は大いに感動!
  
ウェーバーはさらに2曲のクラリネット協奏曲を書くように命じられ、『クラリネット協奏曲第1番、2番』が出来上がったのです。
  
  
その後はさらに『クラリネット五重奏』も書かれ、1813年のベールマンの誕生日に3楽章までが贈られ、1815年のベールマンの聖名祝日に第4楽章が贈られ、その年に初演されました。
  
そんな互いに尊敬し合った2人の音楽家の出会いによってできた曲たちなのです。
  
  
  
今週レッスンしてもらった協奏曲2番は、ものすごいきれいな曲で、その旋律の美しさにうっとりしてしまいます。
  
  
短調である協奏曲1番とは反対に、2番は長調。
クラリネットの広い音域を幅広く使い、名人芸が盛り込まれた華やかな曲です。
  
  
ソロの始まりは、最初の1音から一気に3オクターブ下の2音目へ跳躍!
これを美しく演奏するのは本当に難しいし、付点のタッカタッカのリズムがたくさん出てくるし、細かいアーティキュレーションをはっきり吹くのは難しいし、、
  
  
とりあえず課題がいっぱいです(;_;)
 
 
 
>>フランス音楽留学の学校生活のお話はこちらからどうぞ


\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。