この記事には[PR]プロモーションが含まれております。

フランス人は、バレンタインデーをどう過ごす?

愛の国とも言われるフランスでは、バレンタインデーはとっても大事な日です。

 

 

日本ではバレンタインデーには女の子が男の子にチョコレートをあげて、ホワイトデーにそのお返しをするというのが一般的ですが、フランスでは全く違います。

 

 

では、フランス人がどうやってバレンタインデーを過ごすのかを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

フランスにはバレンタインデーはありますが、ホワイトデーはありません。

 
ホワイトデーは元々、日本のお菓子メーカーが儲かるために作った日なんだとか。

 

そして、義理チョコもない!
 
 

バレンタインデーには男の人が本命の女の人にプレゼントをしたり、カップルがお互いにプレゼントを贈り合ったりするんだそうです。

 
 
 

その贈り物として代表的なのが赤いバラ!!

バレンタインデーの日には街中で、素敵な花束を抱えた人をたくさん見かけます。

 

赤いバラを持って歩くなんて、なんかロマンティックですよね~

 

 

 

そしてその他、プレゼントは何でもOK。

相手の喜ぶものを贈ります。

 

日本とは反対に、チョコレートを贈る人は少ないんだとか。

 

 

 

そして夜はカップルで、レストランへディナーに出掛けます。

 

この日は、カップル限定になるレストランや、バレンタイン特別サービスを行う店もあるようです。

 

 

 

 
こんな感じで、同じバレンタインデーでも日本とは祝い方が違うフランス。

 
 
 
わたしも昨日はフランス風に、

 
 
ディナーの代わりにラデュレでお茶をご馳走になり、
 
 
 

ピエール マルコリーニのとってもかわいいチョコレートをいただきました★

 
 
 
同じ行事でも国によって祝い方が違うのはなんか面白いですよね!
 
愛の国フランスの文化を感じた日でした。
 
 
▼海外留学についてのオンライン無料相談ができちゃう!「留学ショップリュックサック」の公式サイトはこちら♪
留学の気になる全てがわかる【留学ショップリュックサック】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マソン優貴葉のアバター マソン優貴葉 クラリネット奏者

名古屋音楽大学を卒業後、フランスのムードン音楽院、ヴェルサイユ音楽院の最高課程を修了。
4年間のフランス留学を終え2019年に帰国し、現在は愛知県名古屋市を中心に演奏活動や、個人レッスン、音楽教室でのレッスンなど幅広く行っている。

目次