Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『フランスのエイプリルフールは「4月の魚(Poisson d’Avril)」の日』

4月1日はエイプリルフールで、嘘をついても良い日!!

嘘をついたり冗談を言ったりして楽しむ日です。

 

 

 

そんなエイプリルフールですが、フランスではこの4月1日このことを「4月の魚」フランス語で「Poisson d’Avril(ポワッソン ダブリル)」と言います。

 

ではなぜ「4月の魚」と言うのか、その理由を調べてみたので書いていきたいと思います。

 

 

 
目次
■エイプリルフールはどうやってできたの?

■どうして「4月の魚」って言われるの?

■4月1日は何をする?

■まとめ

 
 
 

 

エイプリルフールはどうやってできたの?



 

昔々、フランスのシャルル9世は、聖母マリアの受胎告知の日である3月25日を元日としていました。

 

そしてその1週間後の4月1日に新年をお祝いするため、人々はプレゼントを交換し合いました。
 

今の時代だとお年玉ですよね。
 

 

 

16世紀になると元日は1月1日になりますが、その代わりに4月1日には偽物のプレゼントを贈り合う慣習ができました。
 
 
そこから4月1日には、嘘をついたりイタズラをしたりして良いという、エイプリルフールが始まったのです。

 

 

 

 

どうして「4月の魚」って言われるの?



 
説はいくつかあって、

 

*フランスでは魚の産卵期の4月1日から釣りが禁止になるので、釣り好きの人をからかってニシンを川に投げ入れたり、送ったりしたことが始まりという説。

 

 

*キリスト教徒の家では肉食が禁じられていて、魚がポピュラーな贈り物になったことから始まったという説。

 

 

*サバは4月になると簡単に釣れるのであまり利口でない魚と言われていて、それを4月1日に食べさせられた人を「4月の魚」と言ったことから始まったという説。

 

 

などと、魚に関わる色々な説があるようです!

 

 

 

 

4月1日は何をする?


 
フランスで4月1日にすることは何かというと、、

 

 

 

人の背中にこっそり魚を貼る!!

 

 

紙に書いた魚を背中にペタッと貼り付ければ、本人はなかなか気づかない!

それを見つけた周りの人はニヤニヤしながら楽しみます。

 

 

 

そんな感じで、この日はイタズラをしたり嘘をついたりして、「Poisson d’avril (ポワッソン ダブリル)!」と叫びまくる日なのです。

 
 

 

 

まとめ


日本とはちょっと違ったエイプリルフール。
国によって風習が違うのは面白いですよね。
 
 

イタズラ好きのフランス人は多いので、エイプリルフールは楽しい日になりそうです(^-^)
 
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。