Le blog de Yukiha

ヴェルサイユ音楽院レッスン日記〜クラリネット奏者マニャーニとカユザック

今日ヴェルサイユ音楽院のレッスンでやったことは、
 
エチュード/アウレリオ・マニャーニ(Aurelio Magnani)
『ヴァリエーション(Variations sur un air du pays d’Oc)』/ルイ・カユザック(Louis Cahuzac)
 
です。
 
 
 
 

マニャーニのエチュード


マニャーニ(1856~1921)はイタリアのクラリネット奏者。
彼はヴェネツィアとローマで学び、クラリネットのメソードを書きました。
 
 

このエチュードは、テクニック的にものすごく難しい!というわけではないのですが、とてもきれいな曲がたくさんあって、テクニックだけでなく音楽の勉強にもなります。
 
 
↓マニャーニのエチュードはこちらからご購入できます。
マニャーニ: 上級者のための10のエチュード・カプリス/ルデュック社/クラリネット教本・練習曲

 
 
 

 

カユザック作曲『ヴァリエーション(Variations sur un air du pays d’Oc)』


カユザック(1880〜1960)はフランスのクラリネット奏者で、作曲もしました。
 
 

彼はパリ音楽院で名クラリネッティストのシリル・ローズ(Cyrille Rose)に習い、彼自身も20世紀半ばの名クラリネッティストとなり、たくさんの曲を録音しました。
 

パリオペラ座管弦楽団(現在のパリ国立歌劇場管弦楽団)の首席クラリネット奏者を務め、退団後はソリストとしてフランス内外に演奏旅行をしました。
 
 
 
カユザックの作品は、クラリネットのものが中心で、彼の故郷である南フランスのインスピレーションを得て作曲しています。
 
この『ヴァリエーション』という曲は、前奏、主題と4つの変奏で出来ていて、親しみやすいとっても素敵な曲です。
 
 
↓↓先生がこの曲を吹いている録音です

 
 
 
 

先生が大好きな作曲家たち

マニャーニもカユザックも、先生は大好き。
 
やっぱり大好きな曲のレッスンには、先生も熱くなります笑
 
 
 
カユザックの『ヴァリエーション』は、最初カデンツァがあるのですが、先生がこれを目の前で吹いてくれたときは、なんて素敵なんだ、、と感動。
 
 
先生はこの曲のCDを出していて、わたしもそれを持っていてとても好きなCDなのですが、CDで聴くのと目の前で吹いてくれるのは迫力がまた全然違う!
先生の情熱が伝わってきました。
 
↓ちなみにそのCDはこちらです。
Complete Works of Louis Cahuzac the

 
 
いつかわたしも、そんな風にかっこよく吹けたらいいな。