Le blog de Yukiha

室内楽の試験を終えて

わたしはムードン音楽院で、4年間室内楽の授業をとっていましたが、その最後の試験が行われました。

 

その様子を書きたいと思います!

 
 
 

 

今回室内楽の試験を受けたのは、ピアノ、弦楽器、管楽器が組み合わさった13組のチーム。

わたしは、同じクラスのクラリネットの子2人と一緒にクラリネット3重奏で試験を受けました。

 

 

午前中から学校で合わせをして、最終確認。

試験は16時からでした。

 

 

 

近くの音楽院の先生など3人が審査をしにきて、室内楽の先生は審査はしませんが客席で聴いているという感じ。

 

1チーム10分くらいずつで、順番に部屋に入って演奏します。

みんな緊張、、

 
 
 

 

わたしたちが演奏した曲は、フランス人作曲家のジャック・ブーフィル作曲『トリオ6番』の2、3、4楽章。

 

何度も合わせ練習をしていたこともあって、本番は大きな失敗もなく、練習通りに演奏できたという感じでした。

 
 
 

 

そして、全部のチームが演奏を終えた後に成績発表。

なのですが、それが出るまでがめちゃくちゃ長い!!

 

もう点数つけてるはずなのに、中で審査員同士でのお喋りがあるので、1時間待たされるっていう。

 
 
 

 

1時間後に全員試験の部屋に集められて、学長が1人ずつの成績を発表していきます。

日本のように成績は個人的に、、というのはなく、みんなで全員の成績を聞きます。

 
 
 

わたしは最後の年だったので成績はつかなかったのですが、今年は厳しい成績のつけ方でした。

いつもならほぼみんな合格なのに、不合格の成績をつけられている人がたくさん!

 

 

年によって、審査員によって、成績のつけ方が全く違うので怖いですよね、、

 

 
 

 

全員の成績を聞いた後は、審査員に今日の演奏の講評を聞くことができます。

 

 

わたしのチームが言われたことは、3人のバランスやテクニックは良いけど、ブーフィルの時代の音楽ではない。

 

もっとこの時代の音楽をよく聞いて、機会があればこの時代の楽器を吹いてみたりして、曲のことをもっと考えた方が良いということでした。

 

 

 

確かにそうだなと思います。

 

演奏することばかりに気が取られて、作曲者がどんな時代にこの曲を書いて、このころはどんな演奏をしていたのか、曲の背景をちゃんと考えていなかった、、

 

 

審査員の先生は、それぞれのチームにとても熱心に講評を言ってくださったので、とても勉強になりました!

 

 

 

 

この曲は来週、わたしの試験でも演奏するので、その時はもっと良い演奏がてきるように頑張りたいと思います٩( ‘ω’ )و