Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『パリのルーブル美術館で「モナリザ」を見る』

フランスの大人気観光スポット、ルーブル美術館。

その中でも最も人気なのはやっぱり、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」!!
 
この絵を見るために、世界中から人々が集まるという名画です。
 
今回はそんなモナリザを見てきたので、その様子を書いてみます!
 
 
 

ルーブル美術館にはいつもたくさんの人が集まっていて、写真を撮ったり列に並んだりしています。
 
 
今まではルーブル美術館で直接チケットを買えば入れたのですが、最近では予約することを薦めていて、いずれは予約のみになるようです。

予約はネットでできて、1人17ユーロ+手数料3ユーロです。
 
ルーブル美術館のサイトは日本語もあるので安心。
日にちと時間を選び、クレジットカードの情報を入力して支払いを済ませれば、メールでEチケットを受け取ることができます。

 

Eチケットがあれば、スムーズに入ることができて便利!
 
 
入口は地上と地下と2つあるので、好きな方から入れます。

地下の方がすいていることが多いですが、地上の方がルーブル美術館に入った感がありますよね。
 
 

荷物チェックを受けて中に入ると、入口が3つに分かれています。
 

ルーブル美術館は、リシュリュー翼(Richelieu)、シュリー翼(Sully)、ドュノン翼(Denon)という3つの館があり、入口は違いますが中で繋がっているので、どこから入っても大丈夫です。
 
 
モナリザは普段はデュノンの2階Salle des Etatsにありますが、わたしが行った時はいつもの部屋が工事中だったので、リシュリューの3階(フランスの2階)、Galerie MédicisのJacondeというところにありました。
 
2019年7月17日~10月半ばまでここに移動されているようです。

 
 

モナリザのある場所にはこんな看板が。
 
 
 

ここに並ぶと、少しずつ前に進みます。
 
 
 

モナリザは3階にあるので、エスカレーターで上って行くのですが、混雑するので係員の人が少しずつ止めながら進みます。
 
 
 

3階に着くと、やっと絵画を見ることができます。
大きくて迫力満点な宗教画が並びます。
 
美術館に入ったはずなのに、ここに来るまで全く絵を見ることなく進んできのでした笑
 
 
 

並び始めて30分以上たって、やっとモナリザのある部屋へ!
 
 
 

こちらが本物のモナリザ!!
部屋の中心に飾られ、周りの大きな絵画に比べると小さな作品です。
 
 
モナリザを正面から見られる時間はほんのわずか。
 
モナリザのすぐ近くに来ると10人ほどが一気に、
 
どうぞ!
 
と言われ、1分ほど見たら
 
はいっ終わり!どいてどいて。はい、次の人たち!
 
という、一瞬の出来事。
 
モナリザを一目でも見たい人がたくさんいるので、一人一人が見られる時間はほんのわずかになったのです。
 
 
それでもたくさんの人が集まるので、この小さくて不思議な絵は、人々の心を引きつける何かがあるんですね。

 
 
 

ルーブル美術館には、モナリザの他にもたくさんの名作が展示されています。
 
 
 

ギリシャ彫刻の傑作「サモトラケのニケ」
 
 
 

教科書にも載っているような名作、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」
 
 
ルーブル美術館は広すぎて、1日じゃとてもまわりきれません、、
 
わたしも留学中に何度か足を運びましたが、歩くだけでもヘトヘトになるので、毎回少しずつしか見られませんでした笑
 
 
そんなルーブル美術館ですが、素晴らしい作品がたくさん並んでいるし、建物自体も素敵なので行ってみる価値ありです!!
 

 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。