Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『バッハの直筆楽譜が見られる!ライプツィヒのバッハ博物館』


 
「音楽の父」とも言われたヨハン・セバスティアン・バッハが、人生の後半に住んだ街ライプツィヒにはバッハ博物館があります。

 
バッハ一家が実際に住んでいたのは向かいにあったトーマス学校校舎、兼寄宿舎の中でしたが、当時バッハと親しくしていたボーゼ家が住んでいた邸宅がこの博物館になっています。
 

そんなバッハ博物館について書いてみたいと思います。

 

 

 

目次

■バッハ博物館の場所

■チケットを購入

■日本語のオーディオガイド

■さあ、見学開始!

■見学した感想

 

 

 

 

バッハ博物館の場所



 
バッハ博物館はトーマス教会のすぐそばにあります。
 
 
開館時間は、火~日曜日の10~18時。
月曜日と12月24、25、31日は休館です。

 

 

 

チケットを購入


中に入ると、入口にあったのが、、
 

 

日本語の案内!!
それだけここを訪れる日本人は多いのですね。
 
実際わたしが行った時も、博物館の中で何人かの日本人とすれ違いました。
 

 
チケット代は一般が8ユーロ、学生は6ユーロでした。
 

 

 

 
 

日本語のオーディオガイド


オーディオガイドは無料で借りることができ、どの言語が良いか聞かれます。
 
もちろん日本語あり!!
 

こんな感じで、説明を聞きたいところをタッチすればいいだけの簡単な機械です。
 

 

 

 

さあ、見学開始!


準備が整ったらいよいよバッハ博物館の見学開始です。
 
 
 
まず最初に確認しておく大事なことは、バッハ一族について。

バッハの家系は代々音楽関係の仕事に携わってきました。
 
音楽と関わりがあった中で一番古い先祖はパン職人で、パンの粉をひく間にツィターという楽器を演奏していたんだそうです。
 
 
バッハは自分が50歳になった年に、バッハ一族の男子53人の履歴をまとめた家系図をつくりました。
 
 
 

そんなバッハ一族の家系図をここで見ることができ、彼らが作曲した音楽も聴くことができます。
 

 

 


バッハは新しいオルガンが制作されたり、古いものが修復されたりするとその検品をしていました。
 
これがバッハが最も厳しい審査をした、ライプツィヒのオルガンで唯一残っている部分なのです!
 
 
 

そしてこちらはバッハ家のものとわかった唯一のもの。
バッハの手紙の刻印にも使われていたマークがここにも書かれていたので、それが本物であることが証明できたんだそうです。
 
 
 

こちらはバッハ一家が住んでいた、博物館の向かいにあったトーマス学校校舎兼寄宿舎の模型。
 
当時はここに55名の少年合唱団が暮らしていました。
 
 

トーマス学校は今はもうありませんが、当時バッハと親しくしていたボーゼ家が住んでいたこの博物館にもバッハは出入りしていたようです。
 
 
 

この博物館では、バッハの生涯をパネルで説明していたり、
 
 
 

楽器を紹介していたりと、とてもわかりやすい展示がたくさんありました。
 
 
 
 


そして貴重品室には、バッハの直筆楽譜や遺留品など、本当に貴重な展示品が展示されていました。

 
 
 

部屋は光が当たらないよう暗くて空調管理もされ、痛まないよう展示品は密閉のガラスの箱にいれられています。
 
それも、ずっと展示しっぱなしにはせず、交代で展示しているんだそうなので毎回違う貴重な展示が見られるようです。

 
 
 
 

見学した感想


バッハ博物館では、バッハに関する本当に貴重なものをたくさん見ることができました。
日本語のガイドもあったのでものすごくわかりやすくて、バッハについて深く知ることができた良い機会でした。
 
ライプツィヒに行ったら是非行ってみてください(*^_^*)
 

 

 

 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。