Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『本場ドイツで食べてみたい!ドレスデンのバウムクーヘン屋さん「クロイツカム」へ』

ドイツで有名なお菓子といえば、バウムクーヘンを思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか?
 

 

わたしもその一人で、せっかくドイツに行くからには食べてみたいなあ、と思っていました。

 
 

 

しかし、日本ではいつでもどこでも見られるバウムクーヘンですが、意外なことにドイツ人はバウムクーヘンをめったに食べない!!!

 

こんなにおいしい、ドイツ生まれのお菓子だっていうのに、、

 

 

ドイツ人にとってバウムクーヘンは、お祝いごとの時に贈るための高級なお菓子なのだそうです。

日本のように、いつでも食べられるわけじゃないんですね。

 

 

 

 

そんなバウムクーヘンが初めてできたのは1800年代の始めごろ。

 

ザルツヴェーデルという街が、バウムクーヘン発祥の地です。

 

 

このザルツヴェーデルではバウムクーヘンを食べられるカフェがいくつかあるようですが、他の街ではバウムクーヘンを売っているお店を見つけるのはなかなか大変、、

 

 

 

今回わたしはドレスデンに行って、ドレスデンに一軒だけあるバウムクーヘンのお店「クロイツカム」に行ってきたのでご紹介します!

 

 

 

こちらがクロイツカムというお店です。

1825年にドレスデンで創業した老舗バウムクーヘン屋さん。

 

このお店では、ザクセン王国のアルバート王から王室御用達の称号を受けた、王様のバウムクーヘンが食べられるんです♪

 

 

 

デパートの一角にあり、その場で食べることもできるし、テイクアウトすることもできます。

今回は店内で食べることにしました。

 

 

テーブルにはメニューが置かれています。
ドイツ語ですが、、
 

 

 
 
 

わたしが注文したのは、80グラムのバニラバウムクーヘンとホットコーヒー。
バウムクーヘンが3.6ユーロ、コーヒーが2.4ユーロでした。
 

 

注文したものがきたら、その場ですぐに支払いをします。

クレジットカードは使えず、現金でと言われました。

 

 

本場ドイツのバウムクーヘンはこちら!!

 

 


 

ドイツのバウムクーヘンは、こうやって薄切りにして食べるのがドイツ風。

日本で食べるような、厚切りのイメージと全然違ってびっくりです。

 

 

さてお味は、、

 
 
 

うまっっ

 

日本で食べるふんわりした感じではなく、しっとりとした食感!

 

甘すぎることもなく、バニラの上品な味が口いっぱいに広がります。

これが本場の味なんですね。

 

 

コーヒーはドイツで有名なブランド、ダルマイヤーのコーヒーで、バウムクーヘンとってもよく合って美味しくいただきました。

 

 

 

バウムクーヘンはお土産にもぴったりです。

 

 

 

左の1番小さいのが200グラムで1つ8.8ユーロ。

その右隣のプラスチックのケースに入っているのが300グラムで、1つ14.2ユーロ。

 

そのお隣500グラムが22ユーロと、好きな大きさを選べます。

 

 

バウムクーヘンの賞味期限は1ヶ月ほどもあるので、日本へのお土産にもぴったりですよね。

 

 

 

ということで、ドイツのバウムクーヘンはこんな感じでした!
ドイツへ行く機会がれば、是非本場のバウムクーヘンを食べてみてください(*´∇`*)
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。