Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『ウィーンでモーツァルトゆかりの地をめぐる』

 
モーツァルトは1781年3月、25歳の時にウィーンへやってきました。

 

彼はウィーンで、フリーの音楽家として演奏会を行ったり、オペラの作曲、レッスン、楽譜の出版などをして生計を立てていたのです。

 

そんなモーツァルトがウィーンで住んだ場所や、彼ゆかりの地を訪れてきました!

 

 

目次

■フィガロハウス

■モーツァルト最期の家

■シュテファン大聖堂

■シェーンブルン宮殿
 

 

 

 

フィガロハウス



モーツァルトはウィーンに住んだ11年間で13回も引越しをしましたが、その中で唯一現存するのがこのフィガロハウス!
モーツァルト没後150周年の1941年に、ウィーン市の管轄局によってこのフィガロハウスが設立されました。
 

モーツァルトは1784年9月29日から1787年4月23日までここに住み、ここであの有名なオペラ『フィガロの結婚』を作曲したのでした。

 
 
 

現在はフィガロハウスというモーツァルトの博物館になっていて、彼の生活を紹介していたり、彼に関する展示品が置かれています。

 

 

 

まずはチケットを購入。
見学のためのチケットは、一般は11ユーロで、学生だと9ユーロでした。

 

 

 

裏はモーツァルトのオペラ『魔笛』の舞台になってる♪
 
 
受付でオーディオガイドを借りれるので、日本語での説明を聞きながら見学することができます。
 
 
 

中に入るとこんな感じで、5階建てになっています。
 
 
 

見学できるのは4階から下。
3、4階にはモーツァルトが生きた時代のウィーンや当時の生活環境が紹介されていて、モーツァルトが住んでいた2階まで見ることができます。
 

残念ながら写真撮影は禁止でした、、
 

 
 
 

モーツァルトがこの家に住んでいた時は彼にとって黄金時代で、とっても贅沢に暮らしていました。
当時、ここはウイーンで最も人気の高い住宅のひとつだったのです。
 
 
 
モーツァルトがなぜこんな贅沢な暮らしができたのかというと、当時のウィーンでは政治、社会、思想など革新の運気がみなぎっていて、文化イベントの中心は音楽でした。
 
そんな中、天才モーツァルトはたくさんの貴族から後援され、高く評価され、、
彼はウィーンの社交界に身を投じ、舞踏会に出かけ、ファッション、カード遊び、美しい女性に夢中になり、華々しい生活を送っていたのです。
 
 
 
 
ここには4つの部屋と2つの小部屋、台所がありました。
モーツァルト家ではホームコンサートが開かれたり、ビリアードの夕べが催されたりと、人の出入りが多く騒々しかったようです。
 
モーツァルトがこの家に引っ越してきた時は、妻のコンスタンツェ、生後9日目の息子カール=トーマスも一緒でした。
 
 
現在、モーツァルト一家が使っていた家具などは残っていませんが、その時代の家具が置かれていたり、モーツァルトの手書き譜が展示されていたりして、彼らが住んでいたころを想像しながら見学することができます。
 
 
 

 

 

 

 

モーツァルト最期の家



モーツァルトは、1791年12月5日にここで亡くなりました。
モーツァルトが住んだ当時の建物は1849年に取り壊されてしまい、今はもうありません。
 
 
 

プレートが残されています。
 
 
 
 
モーツァルトが演奏旅行に行っている間の1790年9月30日、妻のコンスタンツェがここに引っ越して来ました。
 
ここでモーツァルトは、オペラ『魔笛』『 ピアノ協奏曲第27番』『クラリネット協奏曲』などの名曲を書きます。
 
 
そして翌年1791年の7月、謎の使者から匿名で『レクイエム』の依頼がきます。
 
その年の11月、モーツァルトは病に侵されながら自分への鎮魂歌だと言って『レクイエム』の作曲を続けますが、それが完成することはなく、弟子のズュースマイヤーに託して1971年12月5日に世を去るのでした。
 

 

 

 

 

 

 

シュテファン大聖堂



ここシュテファン大聖堂はウィーンの観光名所で、世界遺産にも登録されています。

 

ここで1782年、モーツァルトはコンスタンツェ・ウェーバーと結婚し、1791年には葬儀が行われました。
晩年のモーツァルトはここの副楽長に一時就任したこともありました。
 

 

 

中もとっても素敵です。
有料ですが、塔に上ればウィーンの街並みを眺めをこともできます。
 

 

 

 

 

 

 

シェーンブルン宮殿



こちらも世界遺産に登録されている、640年もの間オーストリアを支配していたハプスブルグ家の夏の宮殿です。
 
 
 
1762年12月、当時6歳だったモーツァルトは、女帝マリア・テレジアの御前演奏のためここへ招待されたのでした。
 
この時、宮殿内で転んでしまったモーツァルトに駆け寄り、救いの手を差し伸べたテレジアの娘マリー・アントワネットに向かって「僕のお嫁さんにしてあげる」と告白したのだそうです。
 
 
中は写真撮影禁止だったので残念ながら写真はありませんが、とっても広くてゴージャスで見応えのある内装でした。
 

 

 

 
 
 
 

まとめ

ウィーンでのモーツァルトゆかりの地めぐりは、旅行会社のツアーなどにも入っていて、クラシック音楽に詳しくない方でも楽しめると思います。
オーディオガイドも、日本語があるところばかりなのでわかりやすい!
 
 
ウィーンは他のヨーロッパに比べると観光客は多くなく、旅先で日本人と出会うことも少なかったですが、街はとてもきれいで安全なところなので、音楽を勉強している方はもちろん、行ってみる価値のある場所だと思います(^^)
 

 

 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。