Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

『ロストバゲージ!ルフトハンザでパリから日本へ』


 
フランスから、ドイツ航空ルフトハンザに乗って、ミュンヘン経由で日本へ帰ってきました。
 
 
朝11時ごろ羽田空港に着いて、預け荷物がくるのを待っていると、係のお姉さんがわたしの名前が書いた紙を持って、わたしのことを探していました。
 
 
何でなのか全然わからずに、声をかけると、
 
「大変申し訳ないのですが、お客様の荷物は届いておりません。」
 
と言われました。
 
 
え!ロストバゲージじゃん!!
 
 
 
初めての経験だったので、どうしようかと思いましたが、とりあえず荷物紛失手続きの紙を書くことに。
 
 
隣にも同じように手続きをしている外国人がいて、パリからミュンヘン経由で乗り換えた人がロストバゲージにあっていたようです。
 
 
ルフトハンザではそんなことはあまりないようですが、今回は乗り換え時間も40分しかなく、ゲートも急に変わったりしたこととかが影響したのかな、、
 
 
 
空港の人は、何度も「大変申し訳ございません」って、その人が悪いわけじゃないのに、、
日本に帰ってきたきたなあと感じます。 
 
 
名前や住所、カバンの形、中に入っていたものなどを書き出します。
 
そして、荷物の中をランダムチェックすることがあるからと、キャリーケースの鍵を預けました。
 
 
荷物は、空港の人がすぐその次のANAの飛行機に乗せてくれたようで、その日の17時ごろに羽田空港に到着することに。
 
その時間以降に羽田空港に取りに来るか、翌日ホテルに送ってもらうかを選びます。
 
 
 
夕方まで空港にいるのは長いし、また取りに来るのも面倒だったので、翌日ホテルに送ってもらうことにしました。
 
 
最低限その日必要なものだけを買って、翌日の朝に荷物がホテルに到着するのを待ちました。
 
 
 

荷物がホテルへ無事に到着!
 
鍵はキャリーケースの取っ手にぐるぐる巻きにテープでとめられていました。
 
 
 


曲がってたけど、、笑
 
 
 
まあ結局、重い荷物を空港からホテルまで運ぶ手間も省けたし、荷物も無事に着いたので良かったかなと思います。
 
ロストバゲージは意外とあるものなので、気をつけないとですね、、
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら

クラリネット奏者~Yukiha~

『ブログの目的』は音楽留学時のことや、フランス(パリ)現地のことや文化などの情報を発信しておりますので是非ご覧下さい。また、クラリネット奏者としても活躍中です!クラリネット音楽教室を開いていますので、是非お気軽にお問い合わせください。