Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

管楽器初心者さん必見!チューナーの使い方教えます♪


 
管楽器を始めたら購入してほしいものの一つに「チューナー」というのがあります。
良い音程で楽器を演奏するために使う、とっても便利な機械です。
 
初心者の方からプロの方まで幅広く使われるチューナーですが、管楽器初心者さんにとっては「なんだか使い方がよくわからない」という方もいらっしゃるかと思います。

 
ということで今回は、管楽器のチューナーの使い方を書いてみたいと思います♪
 
 

チューナーって何?


チューナーとは、鳴っている音の音程が目で見てわかる機械

音の名前はもちろん、その音の中でも微妙な高さの違いがわかるようになっています。
 
一人で楽器を演奏していると、どうしても基準の音がないので、音程があいまいになっていしまいがちです。
自分の音が良い音程で鳴っているか、揺れてはいないか、自分の楽器の音程のクセはどうなっているのか、などをパッと見てわかるのがチューナーです。
 
 
チューナーを使いながら練習することで、自分が実際に鳴らしている音程を知り、良い音程で楽器を鳴らすクセをつけることができるのです!
 
 
 

チューナーを使ってみよう!


それでは実際に、チューナーを使ってみましょう!
今回はこちらのYAMAHAのチューナーメトロノームを使って説明していきたいと思います。
 
 
これは昔のモデルなので、現在はこんな形になっています↓


 
 
ではまず、チューナーの電源をONにします。
 

こんな風に画面にメモリが出てくるかと思います。
 
 

このときに、画面の左上に〇〇〇Hzというのが出ていると思います。
これを周波数といいます。
 

周波数とは、”波動や振動が、単位時間当たりに繰り返される回数”のこと。・
Hzは「ヘルツ」と読みます。
 
管楽器の場合は、基本はこれを「442Hz」にします。
 
 

矢印を押すと周波数の数字を上下できます。
 
 
寒い季節だと音程が下がりやすいので「441Hz」にしたり、逆に暑い季節だと音程が上がりやすいので「443Hz」で合わせることもありますが、基本は「442Hz」で合わせておくと良いかと思います。
 

yukiha
吹奏楽やオーケストラなど団体での演奏では、その団体で周波数を決めているかと思いますので、それに合わせると良いかと思います!

 
 
 

楽器の音を鳴らしてみよう

周波数の設定ができたら、実際に楽器の音を鳴らしてみましょう!

 

楽器の音を鳴らすと、こんな感じでチューナーがキャッチした音の音名が表示されます。
写真では「C」と表示されています。
 
それと同時に、針が動きます。
この針が真ん中の0を指しているときは、音程がピッタリ合っているときです。
 
針がピッタリ真ん中を指すと上のランプの緑だけが点灯します。
 
 
そして、この針が左に振れるほど音程が低くなっていき、逆に右に振れるほど音程が高くなっていきます。
 
なので、この針がなるべく真ん中を指すような音を出そうとすることで、正しい音程を鳴らすことができるんです♪
 
 
 

チューナーマイク

チューナーを使って音程を合わせようとするときに、大人数で音出しをしていて、自分の音がチューナーに入らないというときがあるかと思います。
 


そんなときに便利なのが、「チューナーマイク」です。
 
 
チューナーマイクを楽器につければ、チューナーが自分の音だけを拾ってくれるので、大人数で音出しをしているときも、チューナーを使うことができます。
チューナーマイクは、楽器のベルや菅などにつけて使います。
 
 
 

チューナーの使い過ぎに注意


 
チューナーを使って正しい音程で音を出したら、そのときの吹き方、出ている音をよく聞いて覚えます。
その音を、演奏しているときも自然に出せるようになると良いですね!
 
良い音程で楽器を鳴らすと、楽器が一番良く鳴るツボを押さえることができるので、自然と楽器の鳴りが良くなったり、音色が良くなったりすることもあります。
 
 
しかし気をつけたいことは、他の人と一緒に演奏するときは、なるべくチューナーを見ないようにすること!
 
 
残念ながら、チューナーでピッタリ合っている人同士が合わせれば、かならずしも音が合うわけではありません
 
チューナーはあくまで目安としての道具であって、相手と音を合わせるときは相手の音をよく聞くことが大切です。
チューナーを使って育った自分の耳を信じて、周りの人たちと音を合わせていきましょう♪
 
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
チューナーはとっても便利な道具なので、管楽器を始める方は持っておくと良いと思います。
 
チューナーを上手に使って耳を鍛えながら、さらに楽器を上達しちゃいましょう!
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら