Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

その息、まわり道してませんか??クラリネットへの息の入れ方を再確認しよう!

クラリネットは息を入れて音を出しますが、その息の入れ方もとっても大切です!
入れ方によっても、音色や音程が変わったりします。
 
わたしがレッスンをしていても、せっかくしっかり息を吸えているのに、その息が楽器に上手く入らずに流れが止まってしまっている方を良く見かけます。
それだととてももったいないですよね?
 
 
ということで今回は、吸った息をクラリネットに上手く入れるために注意することを書いてみたいと思います!
 
 

まっすぐに息を入れよう!


クラリネットで自然に良い音を出すために大切なことは、吸った息をそのまままっすぐ楽器に入れること!
 
 
え?当たり前じゃない??
 
なんて思うかもしれませんが、これが意外と難しいんです。
 
 
理想は、吸った息をストローに吹き込むような感じ♪
 
ストローに息を吹き込むときって、なんの障害もなく、リラックスした状態でストレートに息が入っていくと思います。
 
そんなイメージでクラリネットにも息を入れられると良いと思いますが、クラリネットを吹くとなるとこれがなかなか難しいんです。
 
 
 

ほっぺたが膨らむ?


時々、クラリネットを吹くときにほっぺたが膨らんでいる方を見かけます。
 
クラリネットに息を入れるときに、ほっぺたを通って息が入っていくのは良くないです。
 
 
息がまわり道をしてしまっていて、息のスピードを上手くつけることができず、モサモサした音になったり、音が安定しなかったりしてしまいます。
 
 
先程も書いたように、吸った息をまっすぐにクラリネットに入れるのが基本です。
 
もしクラリネットを吹くときに不自然にほっぺたが膨らんでいたら、まっすぐ前に息を入れるようにしてほっぺたを膨らませないように気をつけましょう!
 
 
 

息の流れが止まっていませんか?


クラリネットに息をまっすぐに入れるために、周り道をせずにまっすぐな方向に入れることも大切ですが、もうひとつ大切なのが、息の流れを途中で止めずにまっすぐに楽器に入れること!
 
 
息が止まってしまうってどういうこと??
 
と思うかと思いますが、息が止まってしまう場所は、息がマウスピースに入る直前のところです。
 
 
リードだったりマウスピースやリガチャーなどの仕掛けが自分に合っていないと、息がまっすぐにマウスピースに入ることができずに、ここで息の流れが止まってしまいます。
 
息の流れが止まってしまうと、苦しくなったり、リードが上手く響かずやりたいことが自由にできなかったりします。
 
 
レッスンをやっていると、こうなってしまっている方をよく見かけますが、音が鳴らないわけではないので、自分ではなかなか気づきにくいのです、、
 
とにかく、吸った息をそのままリラックスして自然に入れられるような、マウスピース、リガチャー、リードを選んで使うようにしましょう!
 
 
 

息はまとめよう!


クラリネットに上手に息を入れるためには、息をまとめることが大事です。
 
息がバラバラの方向を向いてしまっていると、音程や音色が定まらなかったり息のスピードがつけにくくなってしまうからです。
 
 
そのために、いったん楽器を置いて口笛を吹いてみましょう。
音が出なくても大丈夫です。
 
口笛を吹いているときは、息がほっぺたを通らずまっすぐ前に出ていくと思います。
さらに、口をすぼめているので、細くまとまったスピードの速い息が出ていると思います。
 
同じようにクラリネットを吹くときにも、そんな息を入れてみてください♪
 
きっと音が変わっていくと思います☆
 
 
 

まとめ

息の入れ方の良い悪いは、なかなか自分では気づきにくいところもあります。
 
それでも、息の入れ方は音色や音程、息の持続など色々なところに影響してきます。
 
 
もしどうしても自分でわからないという方は、クラリネットのレッスンを受けてみると、講師の先生からアドバイスを受けられると思いますので、一度レッスンを受けてみるのも良いかと思います♪
 
 

関連の記事はこちら

    
生徒募集中】クラリネットのオンラインレッスンを受けてみよう!
2021.09.13
    
生徒募集中】クラリネットのオンラインレッスンを受けてみよう!
マソンクラリネット教室でのオンラインレッスンの様子やレッスン料金、メリットデメリットなどを書いてみますので、レッスンを受ける際のご参考になればと思います♪

 

お問合せはコチラ
↑マソンクラリネット教室のレッスンについてわからないこと、聞いてみたいこと何でもお気軽にご連絡ください!
 
 

\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら