Y U K I H A

クラリネット奏者~Yukiha~

名古屋市クラリネット音楽教室

名古屋市クラリネット奏者

CLOSE

-SNS-

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

~ Le Blog de Yukiha ~よく見られているブログです.

クラリネットのリードを長持ちさせるにはどうしたらいいの??


 
クラリネットのリードは自然の木材でできているので、何度も使っているとだんだんとヘタってきて、使えなくなってしまいます。
 
最近ではリードの価格も急上昇したこともあり、なるべくならリードを長持ちさせて使いたいですよね?
 
 
ということで今回は、リードを少しでも長持ちさせるためにやると良いことを書いてみます♪
良かったら参考にしてみてください!
 
 

ローテーションで使う


リードは、一度に長時間吹き続けたり、毎日同じリードばかり吹いていると、すぐにダメになってしまいます。
 
特に新しいリードを急に吹き続けるとすぐにヘタってしまいます。
 
 
なので、リードは休ませる時間も作りながら吹いていくことで、長持ちさせることができます。
 
 
10枚入りの箱の中身を全て一気に開けて、リードに番号をふったり、印をつけておいて、毎日交代で使うようにすると、リードの持ちが良くなります♪
 
 
↓↓ ちなみに、わたしが使っているリードはこちら♪

Vandoren V12 【硬さ:3】【銀箱】 リード B♭クラリネット用 【バンドレン】【国内正規品】

価格:4,840円
(2022/8/29 11:21時点)
感想(0件)

 
 

↓↓リードの選び方が知りたいはこちらをご覧ください♪

関連の記事はこちら

    
「良いリード」はこうやって選ぼう♪
2021.07.23
    
「良いリード」はこうやって選ぼう♪
良いリードの選び方をご紹介します。

 
 
 

先端は大事に!


リードは先端が命!!
先端が少しでも欠けたり割れたりしてしまうと、音が出なくなってしまいます。
 
なのでリードを少しでも長く使うために、先端は大切に扱いましょう!
 
 
せっかく良いリードでも、誤ってリードの先端をどこかに当ててしまったり、前歯を当てて割ったりしまうと、一瞬でダメになってしまうから悲しいですよね、、
 
楽器を置いておくときは、リードの先端が何かに当たってしまわないように、マウスピースにキャップをつけるのも良いと思います。
 
 
リードをケースに収納するときも、丁寧に扱うようにするだけでリードの持ちが良くなるので、リードの先端は常に意識して、大切に扱ってあげてください。
 
 
 

裏面は平らをキープ


リードは、裏面が平らな状態の方が良い響きで鳴りやすいです☆
 
ぱっと見は平らな状態だと思っていても、水分を含んで膨らんだり、少し変形したりして、平らではないときがあります。
 
リードの裏側が平らではないと思ったら、ガラスなどの平らなものにリードを少しこすりつけて、平らにしてあげるだけでも、吹き心地は変わります。
(やりすぎると、リードが悪くなってしまうこともあるので気をつけましょう)
 
 
そして、リードを収納するときは、できればリードケースを使うようにすると良いと思います!
 
リードケースはリードの裏面を平らにキープしてくれるので、とても安心です。

 
 
↓↓ちなみに、わたしが使っているリードケースはこちら♪

GALAX ギャラックス 本革製両面リードケース アルトサックス・クラリネット兼用

価格:7,852円
(2022/8/29 11:20時点)


 

 

関連の記事はこちら

    
リードケースってどれがいいの?プラスチック製品とガラス板のものを比較
2021.08.07
    
リードケースってどれがいいの?プラスチック製品とガラス板のものを比較
リードケースを大まかに「ガラス板がついているもの」と「プラスチック製」に分けてそれぞれをメリットデメリットを出しながら比較してみたいと思います。

 
 
 

少しだけ反らせる

リードは長い期間使っていると、表面が少しずつ薄くなってきて、息の通りが悪くなったり、ペラペラな音になったりしやすいです。
 
そんなときは、リードをほんの少しだけ反らせてあげると、マウスピースの先端とリードの先端との距離ができて、少し抵抗感のある吹き心地で、響きのある良い音を出しやすいです。
 
 

リードをそらせるときは、平らな面ならどこでも良いのですが、わたしはマウスピースの平らな面に当てて、反らせたりします。
 
先程もそうでしたが、やりすぎるとリードがダメになってしまうことがあるので、ほんのちょっとだけにして違いを感じてみてください。
 

yukiha
リードは本当に繊細な部分なので、気をつけましょう!

 
 
 

まとめ

リードは決して安いものではないので、1枚1枚をとても大切に扱ってあげたいですよね!
 
リードを少しでも長持ちさせながら、気持ちよくクラリネットを吹いていきましょう(^▽^)♪
 


\この記事をSNSでシェアする/

次のblogはこちら